岩手軽便鉄道沿線

ホーム > 宮沢賢治ボランティアガイド > 岩手軽便鉄道沿線

岩手軽便鉄道

東北線花巻駅と三陸沿岸の釜石を結ぶ民営鉄道として発足した。北上山地を挟んで、岩手軽便鉄道は内陸側の仙人峠が終着駅。沿岸側は鉱山の大橋駅から釜石までが釜石軽便鉄道。この間仙人峠駅から大橋駅までは、旅客は徒歩、貨物は索条輸送した。1915(大正4)年に全通した。
賢治は大正6年の学生時分に、沿岸地方の産業の状況の視察を目的とした花巻の実業家有志の団体に加わり、この軽便鉄道を利用して釜石、宮古を訪れている。その後も、鉄道好きの賢治は頻繁に乗車したものとおもわれ、沿線に関連する作品が多く残されている。

宮守のめがね橋

宮守のめがね橋

岩手軽便鉄道から「銀河鉄道の夜」を着想したとの説もあり、その代表的な場所がこのめがね橋。軽便鉄道は狭軌で機関車も客車もかわいいほど小さく、まるで上空を飛んでいるかのように見えたことからイメージされたか。現在の橋脚、鉄路は国鉄に移管されてから建て替えられたもの。時期によりライトアップされる。
お問い合わせ
トップにもどる