宮沢賢治カフェ

ホーム > 宮沢賢治カフェ

宮沢賢治カフェ

宮沢賢治についてのやさしいお話と、賢治作品に親しむつどいです。
お茶でも飲みながら、気楽に参加してください。

7月宮沢賢治カフェ

日  時 : 7月15日(土)午後2時
会  場 : 賢治の広場(花巻市上町・岩田ビル)
プログラム
《第1部》お話とスライド(録画)「イギリス海岸」 宮城一男
1998年11月に行われた宮沢賢治学会イーハトーブセンター冬季セミナーの講演の録画を視聴します。
宮城さんは、当時弘前大学の地質学専攻の教授でした。賢治も盛岡高等農林学校で土壌学を専攻していました。宮城さんは賢治の科学者としての側面に詳しい方で、ビデオでは賢治が命名した「イギリス海岸」について自作のスライドを用いて解説しています。

《第2部》賢治作品の朗読
童話「風の又三郎」、詩「薤露青」をざしきぼっこの会が朗読します。

8月宮沢賢治カフェ

日  時 : 8月19日(土)午後2時
会  場 : 賢治の広場(花巻市上町・岩田ビル)
プログラム
《第1部》 講話 「花巻農学校教師・宮沢先生」 阿部弥之
賢治は農学校教師時代のことを「この四ヶ年はわたくしにとってじつに愉快な明るいものでありました」と「春と修羅 第二集」の序に書いています。お話いただく阿部さんは、この農学校の後身岩手県立花巻農業高校の教師をしていました。学校に残っていた資料などをもとに、学校現場からの〈宮沢先生〉の教師像を語ってもらいます。
《第2部》 賢治方言作品の朗読
賢治教師時代に、賢治が書き下ろし、自ら演出して農学校の生徒により上演された「種山ヶ原の夜」をざしきぼっこの会が朗読します。生徒にも観客にも馴染み易いように全編方言で書かれいます。そして、とても愉快なお話です。

お問い合わせ
トップにもどる